シロアリ駆除のポイント|保証期間のある専門業者を利用しよう

作業員

点検や見分け

女性

侵入しているかどうか点検

日本の木造住宅には、多くの木材が使われています。床板や柱はもちろん、天井板や梁や棟木なども、基本的には全て木材なのです。これらは、年月が経過するにつれて、劣化していきます。湿気や振動などの影響を受けて、強度が下がってもろくなっていくのです。すると、それをエサとするためにシロアリが侵入してくることがあります。シロアリの顎の力は強いので、もろくなっている木材は、簡単に齧られてしまいますし、それにつれて住宅全体の強度が下がっていきます。そのため古くなった住宅に住んでいる人の多くが、害虫駆除業者に相談しています。害虫駆除業者は、シロアリが侵入しているかどうかの点検をしてくれますし、侵入していた場合には駆除もおこなってくれるのです。

クロアリとの違い

シロアリは、基本的にはジメジメとした床下などで活動をするのですが、稀に人前に姿を現すことがあります。その場合は、素人でもシロアリの侵入を確認することができます。しかし発見したアリが、シロアリとは限りません。羽のあるクロアリの可能性もあるのです。シロアリとの見分け方としては、まずは羽の長さです。シロアリの羽は、4枚ともほぼ同じ長さですが、クロアリの羽は外側の2枚が長く、内側の2枚が短いのです。また、シロアリの胴にはほとんどくびれがなく、クロアリの胴には大きなくびれがあるので、その点でも見分けることができます。どうしても見分けることが難しい場合には、害虫駆除業者に相談すると、現場で実物を見ることで確認してもらえます。